【米国株×レバレッジで効率よく資産を築こう!】「iFreeレバレッジ」の魅力に迫る

「iFree レバレッジ」シリーズ 少額投資で大きなリターンを掴み取れ!

「iFree レバレッジ」シリーズは設定後、間もないながらも多くのお客さまから支持を受けております。今後も力強い経済成長が見込める米国株とレバレッジを組み合わせることで、少ない資金からはじめても長期投資を心掛けることで大きなリターンが期待できます。

iFreeレバレッジ S&P500 iFreeレバレッジ S&P500(新しいウィンドウで開く)
主として、米国の株価指数先物取引、米国の債券およびわが国の債券に投資する。株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として信託財産の純資産総額の2倍程度になるように調整することにより、日々の基準価額の値動きがS&P500指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざす。原則として、為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。8月決算。
iFreeレバレッジ NASDAQ100 iFreeレバレッジ NASDAQ100(新しいウィンドウで開く)
主要投資対象は、米国の株価指数先物取引、米国の債券、およびわが国の債券。株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として、信託財産の純資産総額の2倍程度になるように調整することにより、日々の基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざす。原則として、為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。10月決算。
iFreeレバレッジFANG+ iFreeレバレッジFANG+(新しいウィンドウで開く)
パフォーマンス連動債券、米国の金融商品取引所上場株式および店頭登録株式、米国の株価指数先物取引などを主要投資対象とする。日々の基準価額の値動きがNYSE FANG+指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざして運用を行う。為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを行う。ファミリーファンド方式で運用。8月決算。

上記の投資信託は、レバレッジをかけることを運用方針としている投資信託です。
お取引に際しては、ご注意事項を必ずお読みください。

ご注意事項【レバレッジをかけることを運用方針としている投資信託】
ご投資にかかる手数料等およびリスクについて

もちろんポイント投資にもご利用になれます。

Pontaポイントで投資をはじめよう!ポイントポンポン投資につかえる。

レバレッジを味方につければ心強い!レバレッジについて学ぼう!

「レバレッジ」とは、「テコの原理」を意味する言葉で、
小さな力(少額の資金)で大きなもの(大きな金額)を動かすことを言います。

「レバレッジ」とは、「テコの原理」を意味する言葉で、小さな力(少額の資金)で大きなもの(大きな金額)を動かすことを言います。

  • レバレッジを高く設定することで少ない資金を効率的に使い大きな利益を狙えることがメリットですが、その分値動きは大きくなります。

レバレッジを活用して高いリターンの獲得をめざすファンドシリーズ

今回は <S&P500指数><NASDAQ100指数><FANG+指数>を対象にしたレバレッジ型ファンドをご案内します。
レバレッジ型ファンドの値動きは、一般的に通常のインデックスファンドに比べて大きく、また特有の傾向*があります。

  • くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」の「追加的記載事項」をご覧ください。

ほんとに強いの?米国株の成長性について

レバレッジの効果により少額投資で大きなリターンが期待できるといえど、株価の上昇が期待できる市場に投資しなければ意味がありません。「iFreeレバレッジ」シリーズは長期的に株価の上昇が期待できる、米国の3指数を対象としたレバレッジファンドです。米国株が今後も期待できると考えられる理由は3つあります。

  • 理由1先進国では珍しい人口増加国家 "アメリカ"
    米国は、中長期的に人口増加が期待されている数少ない先進国であり、生産年齢人口も今後増加する見込みです*。良好な人口動態が、今後も国内および世界景気を活発化させると期待されます。
    • *参考文献:イギリスの医学誌「ランセット」(掲載者:ワシントン大学研究者)
  • 理由2世界を代表する大企業を有する米国株式市場
    世界時価総額ランキング(2020年10月時点)上位10銘柄のうち7銘柄が米国株式市場に上場しています。世界を代表する大企業が国内外で事業を拡大しています。
  • 理由3勢いのある米国テクノロジー企業
    世界的なデジタル化に伴い、米国ではテクノロジー企業が躍進しています。特に「FANG」と呼ばれるFacebook・Amazon・Netflix・Googleといった企業の株価は堅調に推移しています。

S&P500指数 NASDAQ100指数 FUNG+指数

米国3指数のパフォーマンス比較

  • FANG+:NYSE FANG+指数、NASDAQ100:NASDAQ100指数、S&P500:S&P500指数 、日経225:日経平均株価
  • FANG+、NASDAQ100、S&P500はドルベース、プライスリターンを使用。
  • 日経225はブルームバーグレートを利用してドル換算、プライスリターンを使用。
  • 上記はあくまで過去のデータを用いた検証結果を示したものであり、ファンドの実績ではありません。また、将来の成果を示唆・保証するものではありません。

資産形成にとっておきの選択肢「米国株×レバレッジ」

iFreeレバリッジ S&P500

S&P500とは? S&P500の特色 産業分類別構成比率

指数・レバレッジ2倍比較

  • S&P500指数の日次リターンを2倍して指数化。
  • ドルベース、プライスリターンを使用。
  • 上記はあくまで過去のシミュレーション結果を示したものであり、ファンドの実績ではありません。また、将来の成果を示唆・保証するものではありません。

iFreeレバリッジ NASDAQ100

NASDAQ100とは? NASDAQ100の特色 産業分類別構成比率

指数・レバレッジ2倍比較

  • NYSE FANG+指数の日次リターンを2倍して指数化。
  • ドルベース、プライスリターンを使用。
  • 上記はあくまで過去のシミュレーション結果を示したものであり、ファンドの実績ではありません。また、将来の成果を示唆・保証するものではありません。

iFreeレバリッジ FANG+

FANG+とは? FANG+の特色 産業分類別構成比率

指数・レバレッジ2倍比較

  • NYSE FANG+指数の日次リターンを2倍して指数化。
  • 掲載する指数・統計資料等の知的所有権、その他一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 上記はあくまで過去のシミュレーション結果を示したものであり、ファンドの実績ではありません。また、将来の成果を示唆・保証するものではありません。

このように米国株は長期で株価の上昇が期待でき、レバレッジをかけるとリターンは飛躍的に向上する可能性があります。過去のシミュレーションでは、前述の米国の代表的3指数にレバレッジをかけると、2015年10月末から5年間でグラフ②③④のような投資成果が得られました。「iFreeレバレッジ」シリーズはこの3指数のレバレッジファンドです。ぜひ「iFreeレバレッジ」で長期の資産形成を始めてみてはいかがでしょうか。

  • 当ページは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当ページ中のいかなる内容も、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 掲載する指数・統計資料等の知的所有権、その他一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。掲載内容は当ページ作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。

ご注意事項【レバレッジをかけることを運用方針としている投資信託】

レバレッジ型ファンドは、対象となる指数・相場の値動きに対し、2倍もしくはそれ以上の値動きとなるよう運用される商品が多い投資信託です。お取引に際しては、以下にご注意ください。

・対象となる指数に対して一定倍率での投資効果を目指して運用されるため、対象となる指数が下落した場合、当該指数に比べて大きな損失が生じる可能性があります。
・当該投資信託がブル・ベア型である場合は、ベア型については、対象となる指数に対して一定倍率反対となる投資効果を目指して運用されるため、対象となる指数が上昇した場合に、当該指数に比べて大きな損失が生じる可能性があります。

ページの先頭へ戻る