auカブコム証券

口座開設(無料)

信用情報と回転日数を確認しよう!

「フル板発注」や「個別銘柄詳細」の「信用タブ」では毎日更新の「証金残高」、毎週火曜日更新の「信用残高」のデータを見ることができます。

信用情報をまとめてチェック!

信用情報をまとめてチェック!「フル板発注」や「個別銘柄詳細」の「信用タブ」では毎日更新の「日証金残高」、毎週火曜日更新の「東証信用残高」のデータを見ることができます。

逆日歩

貸株が増加し株が不足した場合、証券金融会社がその株を保有する生・損保などの機関投資家から調達する時に支払う費用です。この費用は売り方が負担するため売り方(売り建玉を保有している人)は支払い、買い方(買い建玉を保有している人)は受け取りになります。

信用倍率

買い残高と売り残高のバランスを指標です。信用倍率 = 買残 ÷ 売残 で算出されます。例えば、信用倍率が1.5倍から0.8倍下がった場合、多くの空売りが入ったか、買い方(買いポジション)が決済して買残が減少したかが考えられます。投資家心理を映す指標の1つとして利用できますね。

信用倍率は1倍以上(買い方が売り方よりも多い)が一般的と言われています。1倍を割っている銘柄の場合には取組妙味が出てきたと表現することがあります。これは、空売りというものが「将来的な買戻しによる潜在的な買い圧力」になり得るということと、信用倍率が1倍を割るということは「買残<売残」であるため「逆日歩」が発生する可能性があるということを意味しています。売り方が増加することによる、踏み上げ(空売りの買戻しによる株価上昇)が起こりやすいからです。

では1倍を割っている銘柄が「買い」かというと、必ずしもそうではありません。業種が違えば信用倍率の水準が異なることがあるため、同業他社同士で比較したり、あくまで参考指標の1つとして利用するのがよいと思います。信用倍率が1倍を割っている場合、業績下方修正などサプライズの可能性もあり、そういった「信用倍率が1倍割れ=買い」は必ずしも成立するわけではありません。逆に信用倍率がすごく大きくても、買って良い銘柄はあります。株価が右肩上がりになっている場合は(大きな下落局面がないため)空売りが行われず(分母が極端に小さい)信用倍率が数十倍~百倍以上、と言うようなケースもあるからです。

回転日数

信用取引を新規に建ててから返済するまでにかかる日数のことです。
回転日数 ={(融資残+貸株残)×2 }÷(融資新規+融資返済+貸株新規+貸株返済)で算出されます。
回転日数が短いほど相場が活発であると言われています。概ね10日前後で相場が活況、5日以下で過熱と判断されているようです。

また、株価動向と回転日数から信用取引をしている買い方と売り方の状況を見ることにも使えます。例えば、回転日数5日で、過去5日間の平均株価(5MA)が現在株価よりもかなり低い場合、売り方のほとんどは含み損を抱えていることになります = もう少し株価が上がると、踏み上げてくる可能性があるとも判断できます。
こうした場合、回転日数が5日 → 過熱 → 相場終焉が近い → 「売り」と判断して空売りをしてしまうと、踏み上げによる一段高にやられてしまう可能性があります。回転日数は市場参加者がどの程度返済まで余裕を持っているのかを【おおよそ】で判断できる指標ということですね。

月額利用料金

kabuステーション®(本体)ご利用料は990円(税込)/月ですが、広範な無料利用条件により、当社でお取引いただいている多くのお客さまがkabuステーション®を無料でご利用いただけます。

無料利用条件

kabuステーション®(本体)は、以下のいずれかに該当する場合、無料でご利用いただけます。

kabuステーション®
(通常プラン)

  • 初回申込みの翌々月第1営業日まで
  • 当社全取引における約定回数が1回以上で翌月無料(SQ決済は対象外)
  • お申込日の前営業日(継続は前月末)のお預り資産100万円以上で翌月無料
  • 信用口座開設済みの場合無料(新たに信用口座を開設する場合は開設完了日以降の申込から無料)
  • 先物オプション、FX、取引所CFDいずれかの口座を新規開設すると翌月無料

Fintechプラン

Premiumプラン

追加提供サービス
  • リアルタイム株価予測
  • フル板表示機能
  • 始値/終値予測機能
  • ストップ高安リアルプレアラート
  • xenoFlash for kabu.com
  • リアルタイム資産評価
  • 取引明細照会
  • kabuステーション®API
  • リアルタイム株価予測
  • フル板表示機能
  • 始値/終値予測機能
  • ストップ高安リアルプレアラート
  • xenoFlash for kabu.com
  • リアルタイム資産評価
  • 取引明細照会
  • kabuステーション®API
  • フル板表示機能 最大【5枚】表示
    (フル板画面1枚、デイトレ板画面4枚)
  • ワンクリック発注モード(デイトレ板画面内機能)
  • リアルタイム株価予測画面 最大【2枚】表示
ご利用条件 信用取引口座または、先物オプション取引口座開設済みかつ、前月当社全取引における約定回数が1回以上ある場合 信用シルバープラン以上が適用であること、または、前月の先物・オプション取引手数料が11万円以上(税込)である場合

課金ルール等

※kabuステーション®は月単位(当月第2営業日開始~翌月第1営業日終了)での契約とし、毎月第2営業日早朝に各プラン(通常プラン、Fintechプラン、Premiumプラン)の無料利用条件の判定を行います。お客さまの前月のお取引実績等から、Premiumプラン、Fintechプラン、通常プランの順に無料利用条件の適合状況の判定を実施し、当月は該当するプランが自動的にご利用いただけます。通常プランについては、無料利用条件に該当しない場合、契約は自動的に終了します。再度ご利用になりたい場合は別途お申込いただく必要があります。

※kabuステーション®(通常プラン)は原則として申込時点で即時利用が可能です。kabuステーション®(通常プラン)の無料利用条件に該当しない場合、月の途中よりお申し込みいただいた際は、お申し込み日から翌月第1営業日までの営業日数により日割りした金額をお支払いいただくことにより、ご利用が可能となります。
なお、利用可能日が20営業日未満の場合に日割りになります。

※お申込はログイン後お申込ページから簡単にお申込いただけます。お申込の際は「出金可能額」が利用料以上あるか、各プランの無料利用条件を満たしている場合のみお申込いただけます。なお、信用取引、先物オプション取引、FX(auカブコム FX・くりっく365)・取引所CFDをお取引いただいているお客様は、保証金(証拠金)から預り金への振替が必要な場合があります。

※お支払いいただきましたご利用料金は、如何なる理由においても返還できません。

ご注意事項

証券投資に関する手数料等およびリスクについて

当社お取扱商品の手数料等およびリスクの詳細については、契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、 約款・規定集および当社ホームページの「ご投資にかかる手数料等およびリスクについて」 (https://kabu.com/company/info/escapeclause.html) 等をよくお読みの上、投資の最終決定はご自身のご判断とご責任でおこなってください。

その他

その他
逆指値などの自動売買を含むすべての注文は、必ず約定するものではありません。
当社自動売買システムにおけるトリガー(発注条件)判定と発注は市場から送信されるデータを元にしています。
この市場から送信されるデータが遅延したり、トリガー(発注条件)判定において情報が不足する場合には自動売買が正しく機能することができません。予めご注意ください。 詳細及び最新情報は当社ホームページ(https://kabu.com/)にてご確認ください。
お問い合わせ・ご相談・苦情等
お客様サポートセンター フリーコール 0120-390-390
※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは 03-6688-8888 (※通話料は有料になります)
苦情について当社以外の窓口 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター フリーダイヤル 0120-64-5005
【金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号】
【銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号】
【電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号 】
【加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会】

ページの先頭へ戻る