主要ネット証券※1初※2!信用取引のロボアドを提供開始。
~ auカブコム証券から投資助言(銘柄・売買タイミング)をご提案します ~

2021年1月13日 [お知らせ]

  • ※1「主要ネット証券」とは、SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指しています。
  • ※2各証券会社WEBサイト情報から、auカブコム証券調べ。2021年1月6日時点。

auカブコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤正勝、以下「auカブコム証券」)は、2021年2月中(予定)に投資助言型ロボットアドバイザーサービス「信用ロボアド」の提供を開始いたします(予定)。さらに、「信用ロボアド」の提供開始を記念したキャンペーンも実施予定です。

「信用ロボアド」は、信用取引を投資助言するロボットアドバイザーサービスです。信用取引で運用することで、ヘッジファンドのように相場に左右されにくい運用と、ロボットアドバイザーによる厳格なリスク管理で高い運用パフォーマンスを提供いたします。またロボットアドバイザーがお客さまに投資助言(銘柄・売買タイミング等)をお知らせしますので、ご自身で運用する場合にかかる膨大な調査時間と手間を省くことができます。

(開発中画面イメージ図)

  • 開発中画面イメージ図 1
  • 開発中画面イメージ図 2
  • 開発中画面イメージ図 3

「信用ロボアド」の特徴

お客さまのニーズに応じたプラン

運用開始前にお客さまへの5つの質問のご回答によって、10種類※の助言プランの中からお客さまのニーズに応じた助言プランを提示いたします。

  • タイプ(積極型/安定型)と金額(100万円、200万円、300万円、500万円、1000万円)の組み合わせ

相場に左右されにくい収益機会を提供

信用取引の売り/買い手法を活用することで、ヘッジファンドのように相場に左右されにくい収益機会を提供します。

投資助言型によるサービス提供

ヘッジファンド型運用を行うための投資助言(銘柄/売買タイミング等)を当社が提供するPC、スマートフォン向けページを介し助言いたします。

発注の手間を省力化する「発注アシスト機能」

お忙しいお客さまが手軽にこのサービスを利用できるように、投資助言受領後の発注作業をお客さまの任意で省力化させる「発注アシスト機能」を提供いたします。機能を有効にしていただくことで、日々の注文をシステムが自動で行います。

お客さまの利益最優先の報酬体系

お客さまの投資成績重視の観点から、一般的なロボットアドバイザーで取り入れている固定報酬型ではなく、お客さまが獲得された利益から成功報酬(11%税込)をいただく料金体系(ハイウォーターマーク方式※1)といたします。※2

  • ※1お客さまの当初資産から増加した部分についてのみ報酬をいただく仕組みで、「成功報酬計算の基準日(各計算期間の最終営業日)における時価評価額」が「成功報酬を支払う基準となる金額(過去の最大資産額=ハイウォーターマーク)」を上回った場合に成功報酬をいただきます。
  • ※2別途、投資顧問料(1,100円(税込)/月)、通常の信用取引(制度)に伴う買方金利、貸株料、逆日歩等がかかります。
<一般的なロボアドと比較>
一般的なロボアド※ 信用ロボアド
運用戦略 上昇相場では利益が期待できるが、下落相場では損失が出やすい 信用取引の売り・買いを組み合わせるため、下落相場でも利益が期待できる
主な投資対象 国内外ETF/投資信託 国内個別株式
運用タイプ 投資一任型 投資助言型
  • 各証券会社WEBサイト情報から、auカブコム証券調べ。

「信用ロボアド」が目標とする運用パフォーマンス

一般的に推奨される「国際分散投資ポートフォリオ」では、上昇相場では高い利益が期待できますが、リーマンショックやコロナショックといった世界同時株安の局面では大きな損失が出る可能性があります。「信用ロボアド」は信用取引を活用することで、上昇相場のみではなく下落相場でも利益が期待できます。
「信用ロボアド」は株式を短期間で売ることによって、長期的な株式ポジションを保つことにともなうリスクを最小限にし、一般的なロボットアドバイザーを上回る年利回りを目標としています。※

  • 2020年10月時点での2007年10月~2020年9月までの積極型・安定型コース(100万円、200万円、300万円、500万円、1,000万円)の資金帯による弊社の単利のバックテスト結果に基づくものであり、過去の検証結果の平均年利(全年利合算÷全月数x12)から算出し、手数料や税金を控除しておりません。これらは将来の取引結果の示唆や保証をするものではありません。また、実質的な投資成果を示すものではありません。

当社の狙い

個人投資家と機関投資家(プロ)の格差解消を追及

auカブコム証券は創業以来、個人投資家と機関投資家(プロ)の格差解消を経営の理念に掲げて参りました。これまで手数料、情報、ツール等の格差解消を進めてまいりましたが、今般の「信用ロボアド」は、運用手法の格差解消を狙う商品です。個人投資家にとって、信用取引の売り/買いを自由に使いこなす投資戦略は従来敷居の高い領域です。しかし、当社の信用ロボアドを活用することで、幅広いお客さまが信用取引を利用できる仕組みを提供いたします。

信用取引の持つ新たな魅力の発見

信用取引にはリスクが高い、投機性のある商品のイメージがあるかも知れませんが、信用取引の売り/買い手法を活用しリスク管理が徹底された「信用ロボアド」では、現物株式のみでの運用より、安定的な投資成果が期待できます。従来、現物株式の買い持ちのみの運用が主であったお客さまには、是非この機会に「信用ロボアド」を通じて、信用取引の持つ自由さ、収益機会獲得の幅広さをご経験いただけると幸いです。

「信用ロボアドキャンペーン」

信用ロボアドキャンペーン

  • イメージとなります。キャンペーン内容は変更になる場合がございます。

「信用ロボアド」の提供開始を記念し、お申込み開始と同時期にキャンペーンを予定しております。詳細は別途ご案内いたしますので、乞うご期待ください。

ロボットアドバイザーのプラットフォーム化について

 「信用ロボアド」は自動売買ツール「iTRADE」を開発する、株式会社マルチウェーブ(本社:東京都港区 代表取締役社長:近藤 浩太郎)と、投資助言を提供する株式会社シナジスタ(近畿財務局長(金商)第403号 投資助言・代理業)(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:本郷 卓也)のコラボレーションで誕生しました。プラットフォームには株式会社マルチウェーブ「ATRAS」を基盤として採用しております。今後、当社の合言葉である「すべての人に資産形成を。」をスローガンとし、当社が提供する「kabu.comAPI」と「ATRAS」を組み合わせたロボットアドバイザーのプラットフォーム化を行っていく予定です。

今後も当社は、「個人投資家にデジタルの武器を」のスローガンのもと、すべてのお客さまの投資成績向上のため、新しいサービスの拡充に努めてまいります。

信用ロボアドのリスクと費用について

投資顧問契約により助言する有価証券等についてのリスクは、次のとおりです。

1. 株式
株価変動リスク:株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあり、その全額を失うことがあります。
株式発行者の信用リスク:市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

2. 信用取引
信用取引においては、委託した保証金を担保として、保証金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が保証金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動し、委託保証金を割り込むこと、又、損失の額が委託保証金の額を上回ることがあります。

3.リスク
当社の投資助言や提供情報はお客さまの利益を保証するものではありません。取引に際しては、取引の仕組みや投資対 象について十分ご理解いただき、投資の最終決定はご自身の判断と責任において行ってください。
当社はインターネット事業者等の事情により、 判定の配信が行われない場合や遅れる場合、受信できない場合があります。

<手数料・費用等>
・お客さまには運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、成功報酬および投資顧問料と信用取引に係る費用があります。
・投資顧問契約に係る報酬として、毎月末の運用益に対してあらかじめ定めた料率11%(税込)を乗じた金額を成功報酬として、翌月第5営業日にお支払いいただきます。
・投資顧問料として月額1,100円(税込)を当月第1営業日にお支払いいただきます。
・その他費用として信用取引の金利、貸株料、逆日歩等がかかりますが、これらの手数料等は、取引内容等により金額が決定し、その発生若しくは請求の都度費用として認識されるため、又は運用状況等により変動するため、具体的な金額を記載することができません。契約締結前交付書面等でご確認ください。
・証券総合口座、信用取引の口座開設・維持費は無料です。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る