投資信託運用レポート等のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組み
~「ロボット投信」と協業強化し、スマートフォン対応の強化~

2020年7月14日 [お知らせ]

auカブコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤正勝、以下「auカブコム証券」)は、"資産の育成を、みんなの常識に"をビジョンとするロボット投信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:野口哲、以下「ロボット投信」)との協業を強化し、投資信託のレポート作成ツール「ロボット・レポート」を活用し、運⽤レポート等の作成及び開⽰をデジタル化する取り組みを開始したことをお知らせいたします。
その第⼀弾として、株式会社GCIアセット・マネジメント、及びコモンズ投信株式会社の運⽤レポート等の接続開始を合わせてお知らせいたします。
ロボット投信はこれまで、投資信託を始めとするアセット・マネジメント分野において運⽤会社の様々な業務についてデジタル・トランスフォーメーションを実現するソリューションを提供しており、今般接続を開始する「ロボット・レポート」は投資信託に係る運⽤レポート等を⾃動⽣成し、コンテンツをAPI 経由で再配信可能にするSaaS(Software as a Service)型のクラウドサービスです。
「ロボット・レポート」の活⽤により、これまでPDFや画像で提供されてきた投資信託の基準価額・純資産総額の推移やポートフォリオの概況などが⾃動⽣成され、最新のデータに更新し続けることが可能です。また、HTML 形式で電磁的に開⽰されるようになり、情報の即時性・適時性が⾼まります。スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスにも最適化した表⽰が可能なため、投資家はいつでもどこでも投資信託の運⽤パフォーマンスや組⼊銘柄等の詳細について閲覧することが可能となり、理解を深めていただくことに貢献します。
今後もauカブコム証券とロボット投信は、協業を強化し、お客様本位の観点から様々なサービスの拡充に努めてまいります。

ロボット投信株式会社について

2016年5月設立のフィンテック・スタートアップ。投資信託に係る運用会社、販売会社(証券・銀行)のオペレーションを自動化・デジタル化するソリューションを提供。国内唯一の投信業務特化型SaaS提供企業。

ビジョン

“資産の育成を、みんなの常識に”
わたしたちは投資信託の普及を通じて、人々の資産を育て、未来の選択肢を増やし、社会を豊かにしていきます。

事業内容
  • 1.運用会社向けの投資信託業務効率化・デジタル化ソリューションの提供
  • 2.証券会社・銀行向けの投資信託販売・マーケティング業務効率化・デジタル化ソリューションの提供
  • 3. 投資信託データ、市場データの提供
会社概要

社名:ロボット投信株式会社
所在地:東京都千代田区神田神保町3-29-1
代表者:代表取締役社長 野口 哲(のぐち さとし)
創業:2016年5月
主要株主:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド、インキュベイトファンド3号投資事業有限責任組合、
テックアクセル1号投資事業有限責任組合、みずほ証券プリンシパルインベストメント株式会社、
三菱UFJイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合、
SMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合、auカブコム証券株式会社、
みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合
受賞歴:Mizuho Innovation Award 2019年1–3月期
MUFG Digital アクセラレータ 第2期 アマゾン ウェブ サービス(AWS)賞
NRI HACKATHON 2016みずほフィナンシャルグループ賞
NRI HACKATHON 2016 Start-up Award
加盟協会:一般社団法人 投資信託協会(賛助会員)、一般社団法人 Fintech協会(ベンチャー会員)、
一般社団法人 東京国際金融機構(新興企業会員)
URL:https://robotfund.co.jp/

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る