当社お客さまの「信用評価損益率(買残)」の二市場合計との較差が13.1%ptと過去最大に

2020年6月19日 [お知らせ]

auカブコム証券株式会社のお客さまの「信用評価損益率(買残)」が、2020年6月5 日(金)時点で、二市場合計を13.1%pt上回り、2003年6月からの計測以降で過去最高を記録いたしました。

継続的なディスクロージャーの一環として、お取引いただいているお客さまの投資成績である信用評価損益率について月次で開示している当社は、マーケットの調整局面でも、保有する現物株式のヘッジや収益機会の拡大につながる信用取引について、取引手数料の無料化(2019年12月)、一般信用取引売建可能銘柄の取扱銘柄数の大幅拡充(2020年1月)等の取り組みを相次いで実施いたしました。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFGグループ)とKDDIグループの金融持ち株会社とのジョイントベンチャーであるauカブコム証券は、「すべてのひとに資産形成を。」の合言葉を社会的使命(ミッション)とし、今後も様々なサービスを提供し顧客基盤の拡大を図るとともに、お客さまの投資成績向上に貢献してまいります。

信用評価損益率(買残)の二市場合計との較差推移

当社お客さまの「信用評価損益率(買残)」は、2020年3月13 日(金)時点で、二市場合計を13.1%pt上回り2013年10月第3週以降、334週間連続で二市場合計を上回り続けています。

信用評価損益率(買残)の二市場合計との較差推移(週次)

信用評価損益率(買残)の二市場合計との較差推移(週次) <2019年5月1週~2020年6月1週(単位:%)>

信用評価損益率(買残)の二市場合計との較差推移(週次) <2019年5月1週~2020年6月1週(単位:パーセントポイント)>

※取引所公表数値等より当社作成。データは一般信用を含んだデータです。

auカブコム証券の信用取引の特長

kabuステーション®でETF&信用取引買方金利実質無料キャンペーン実施中

2020年6月1日(月)から2020年6月30日(火)まで、kabuステーション®経由でのETFの日計り信用取引について、買方金利を全額キャッシュバックする「kabuステーション®でETF&信用取引買方金利優遇キャンペーン」を実施しております。
詳細は、kabuステーション®でETF&信用取引買方金利実質無料キャンペーンをご確認ください。

取引手数料0円

2019年12月16日(月)より証券会社の主力商品である「信用取引」の「取引手数料を撤廃」。デイトレードやスウィングトレードでお取引する人など、たくさんお取引されるお客さまにおススメです。
(取引には金利・貸株料がかかります、また品受・品渡には、品受・品渡に関する手数料がかかります。)

大口プランで金利がおトク

買方金利は1.15%~、大口プランなら、品受・品渡に関する手数料も無料。
前1ヶ月の建玉残高または新規建約定代金合計に応じて、買方金利を段階的に優遇するプランをご用意しています。

PTS信用取引にも対応

2020年7月中旬(予定)より、PTS信用取引の取り扱いを開始いたします。これまで、信用取引は東京証券取引所を接続先(発注先)としておりました。今後はSOR注文を利用することで、PTS市場(チャイエックス、ジャパンネクスト)が接続されることとなります。これにより、東証よりも有利な価格で約定する可能性がございます。

信用取引のコストを抑えられる「代用貸株®

代用貸株®とは、お客さまがお持ちの信用取引の代用有価証券を貸付できる制度です。
お客さまがauカブコム証券に預けている信用取引の代用有価証券(株式、ETF、REIT)の内、貸付に同意をいただいた代用有価証券を当社が他社(機関投資家等)に貸付を行います。貸付が成立した代用有価証券の貸借料の一部をお客さまに還元いたします。

一般信用で売建できる銘柄を多数ご用意

制度信用では売建できない銘柄も、当社の一般信用であれば売建できる銘柄を2,400銘柄以上ご提供しております。売建できる銘柄が多いためロング&ショート戦略等投資の幅が広がります。
※2020年6月15日(月)時点

【カブヨム】そうだったのか「カブコム」の信用取引

金融商品のお役立コンテンツの「カブヨム」で、コスト体系の新旧比較をはじめ、取引シミュレーションなど、カブコムの信用取引について詳しくご紹介しています。ぜひ一度お読みください!

以上

◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先
auカブコム証券株式会社 営業部 小松
TEL:03-3551-6795
(受付時間:8:00-17:00)
e-mail:ke-komatsu@kabu.com

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る