当社お客さまのキャピタルゲイン課税額が高位維持

2019年1月8日 [お知らせ]

カブドットコム証券株式会社(以下、当社)のお客さまの株式等売却益にかかる「譲渡益税源泉徴収額(以下、キャピタルゲイン課税額)」が、2017年に続いて2018年も100億円超の高位を維持しました。昨年12月の株式相場調整局面により伸び悩んだものの年間で105億円になりました。2013年アベノミクス開始以降5度目の100億円突破であり、当社のお客さまの取引が好調なパフォーマンスを誇っていることを示しております。

2018年キャピタルゲイン課税額は5度目の100億円突破を記録

キャピタルゲイン課税額

  • 当社お客さまキャピタルゲイン課税額は、当社特定口座(源泉あり)にて発生した株式等(ETF/REIT含む)の売却損益の源泉徴収相当分(2018年現在:所得税15.315%、住民税5%)

信用評価損益率(買残)は263週連続で二市場合計を上回る結果を記録

信用評価損益率(買残)

  • 取引所公表数値より当社計算。上記データは一般信用分を含んだデータです。二市場、当社ともに信用評価損益率は以下の数式にて算出。信用評価損益率=評価損益÷信用建玉残高(買建のみ)
  • 2018年12月21日時点

当社経営理念「顧客投資成績重視の経営」への取り組み

当社は「お客さまの投資成績重視」の経営理念の下、お客さまの利益を最優先に考えた商品・サービスを提供しております。

主な商品サービスと特徴

  • 売買手数料無料のフリーETF
  • 豊富な発注機能や幅広い投資情報を網羅した高機能・高速トレーディングツール「kabuステーション®
  • PTS市場を含めた複数市場の最良気配を元に自動注文をするSOR
  • 逆指値やトレーリングストップ等のリスク管理に役立つ自動売買
  • ポジション管理に役立つ自動通知サービス
  • 株券・投資信託等代用有価証券の担保活用
  • 保証金シミュレーター等によるわかりやすい資産管理ツール
  • リアルタイム口座振替で追証を未然に防ぐ不足保証金自動振替サービス
  • 多数の非貸借銘柄が売建可能な一般信用信用取引
  • 質量共に充実した投資情報サービス

お客さまの投資成績に貢献すべくさらなるサービス拡充に努めてまいります。

また当社は、フィデューシャリー・デューティー基本方針に基づき、お客さまの最善の利益を図るため、お客さまのお声を収集し、 頂いたお声や情報を開示し、ご意見を踏まえた各種施策を実施し、お客さまの満足度向上に取り組んでまいります。

ご参考 投資信託における共通KPI等

2018年9月:https://kabu.com/company/policy/kpi_disclosure.html
2018年3月:https://kabu.com/company/policy/kpi_disclosure/201803.html

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る