kabu.com APIとKDDIのIoT技術の連動による「株価連動LEDセンサー」をCEATECに出展
~ 株価変動をIoTでコントロールされたLEDライトで表現、よりスマートな金融情報の可能性を提示 ~

2017年9月29日 [お知らせ]

カブドットコム証券株式会社は、2017年10月3日(火)~6日(金)、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC JAPAN 2017」に、kabu.com APIとKDDI株式会社(以下、KDDI)のIoT技術の連動による「株価連動LEDセンサー」をはじめとする当社のFintech関連の最新ソリューションを出展いたします。金融機関関係者のみならず、多くの一般来場者に当社の最新の取り組みに触れていただく機会として、CEATEC「IoTタウン」の三菱UFJフィナンシャル・グループのブースにてご案内してまいります。

当社は、今後も異業種間でのシナジーを追求したサービス開発をスピーディに実現できるkabu.com APIを活用し、KDDIをはじめとする様々な企業との連携によるオープンイノベーションの推進により、金融サービスの高度化を実現してまいります。

「株価連動LEDセンサー」について

「株価連動LEDセンサー」は、kabu.com APIとKDDIの最先端IoTサービスを重ね合せたPoC(proof of concept)の成果として、LEDライトの表示色等と日経平均株価等の株価情報をリアルタイムで連動させ、本日のマーケットの状況をシンプルにひと目で伝達することを目的に実用化を目指しております。

KDDIは、様々な業種のお客さまに、機器と無線通信デバイスを組み合わせたサービスを20年近く提供してきました。LPWAなどの無線通信技術のみならず、データを蓄積・分析・活用するプラットフォームなど、複数のソリューションをワンストップで提供しています。

IoTは産業の枠を超えた広がりをみせており、異なる業種との連携や、各業種におけるサービスの充実・相乗効果を促すものとなっています。本展示も、カブドットコム証券とKDDIという異業種が連携し、開発を行っています。

金融サービスのオープンイノベーションの推進基盤としてのkabu.com API

当社は、世界的な金融サービスの構造変化・Fintechの進展の流れに先駆け、2012年から株式・先物・オプション取引に対応したAPI(Application Programming Interface)環境としてkabu.com APIの提供しております。kabu.com APIは、発注系、注文照会、残高照会、リアルタイム時価情報など、従来は証券会社ツールを介さなければ得られなかった情報をAPIとして提供することによりリリース以降、プロップファーム、投資助言事業者、取引ツール開発業者、ロボアドバイザー運営業者、ゲーム開発業者までさまざまな業態の事業者様に活用いただいております。

(kabu.com APIの概要イメージ)

証券基幹システムとフロントレイヤーのアンバンドリング化によりスピーディな協業を実現

kabu.com APIは従来の証券会社が担っていた機能・サービスの提供主体をアンバンドリング化することにより、証券サービス全体の高付加価値化を目指す取組みです。kabu.comAPIを活用することにより、サードパーティは、証券基幹システムに属する部分(複雑な金融法令諸規則に基づく顧客プロパティ管理、勘定系の余力計算、銘柄管理、情報配信基盤、有価証券と金銭の受渡処理等)については当社の基盤を利用しつつ、UX(ユーザーエクスペリエンス)等のフロントレイヤー部分については事業者様の技術・サービスアイデアの実装にリソースを集中することが出来るため、高度な金融サービスをスピーディに開発・提供していくことが可能となります。

「MUFG{APIs}」

2017年5月26日「銀行法等の一部を改正する法律」が成立しました。改正銀行法は、電子決済等代行業制度を創設し、Fintechスタートアップとの協業によるオープンイノベーションを推進する前提条件を整えるものです。これに先駆け、2017年3月に株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は、銀行サービスのAPI公開を含むAPIプログラム「MUFG{APIs}」を対外公表しております。MUFGのオンライン専業証券である当社は、この「MUFG{APIs}」プロジェクトに参画しており、API連携によるグループ金融機関とのサービス協業やFintechスタートアップ金融機関と技術的な連携を深めることにより、積極的にオープンイノベーションの推進に向けた取組みを行ってまいります。

  • 本文中に記載されている会社名、商品名、アプリケーションおよびロゴは、各社の登録商標または商標である場合があります。

KDDIとの協業について

当社は、2016年8月より、「auスマートパス」ユーザー向けの現物株式手数料割引プラン「auで株式割」を提供しております。「auで株式割」は、カブドットコム証券の取引アプリ「kabu.com for au」からの注文について、現物株式売買手数料が一律1%割引となるものです。三菱UFJフィナンシャル・グループの一員であるカブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループとKDDIが設立した株式会社じぶん銀行と2015年12月より、金融商品仲介サービスにおける業務提携をしております。今後も両社の協業を進展させることでモバイルの利便性と金融サービスを組み合わせることにより「貯蓄から資産形成へ」の一層の進展に貢献していきます。

まずは無料で口座開設

口座開設

カブコムがお客さまから選ばれる6つのポイント

ページの先頭へ戻る