1. ホーム >
  2. 取扱商品 >
  3. 投資信託 >
  4.  ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
教えて!kabu.com で調べる おすすめ情報 印刷

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

ノーロード ファンド情報
追加型株式投資信託内外不動産投信
ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
世界各国の上場リート(不動産投資信託)に投資するファンド。安定した配当利回りの確保と、長期的な信託財産の成長を目指す。毎月10日(休業日のときは翌営業日)決算。原則為替ヘッジなし。

ファンドの特色

1.ファミリーファンド方式により、世界各国の不動産投資信託(リート=REIT)に分散投資を行います。

ファミリーファンド方式

2.毎月/毎年決算を行い、収益の分配を行います。
毎月決算型は毎月10日(休業日のときは翌営業日)、1年決算型は毎年6月10日(休業日のときは翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。
投資しているリートから得られる、毎期の配当金を中心に分配を行います。

3.モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・グループ(以下「MSIM」)の運用ノウハウを活用します。
MSIMの運用ノウハウ

4.外貨建資産については原則として為替ヘッジを行ないません。

5.信託期限は無期限です。


ファンドの主なリスク

価格変動リスク

リートの価格は当該リートが組入れている不動産等の価値や賃料等に加え、様々な市場環境等の影響を受けます。当ファンドが組入れているリートの価格が上昇すれば当ファンドの基準価額の上昇要因となり、リートの価格が下落すれば当ファンドの基準価額の下落要因となります。

為替変動リスク

当ファンドは、主に米ドル建、豪ドル建およびユーロ建等の有価証券に投資しています(ただし、これらに限定されるものではありません。)。投資している有価証券の発行通貨が円に対して強く(円安に)なれば当ファンドの基準価額の上昇要因となり、弱く(円高に)なれば当ファンドの基準価額の下落要因となります。

金利変動リスク

金利上昇時にはリートの配当利回りの相対的な魅力が弱まるため、リートの価格が下落して当ファンドの基準価額の下落要因となることがあります。また、リートが資金調達を行う場合、金利上昇時には借入金負担が大きくなるため、リートの価格や配当率が下落し、当ファンドの基準価額の下落要因となることがあります。

信用リスク

リートの倒産、財務状況または信用状況の悪化等の影響により、投資先のリートの価格が下落すれば、当ファンドの基準価額の下落要因となります。

流動性リスク

有価証券等を売却あるいは購入しようとする際に、買い需要がなく売却不可能、あるいは売り供給がなく購入不可能等となるリスクのことをいいます。例えば、市況動向や有価証券等の流通量等の状況、あるいは当ファンドの解約金額の規模によっては、組入有価証券等を市場実勢より低い価格で売却しなければならないケースが考えられ、この場合には当ファンドの基準価額の下落要因となります。一般的に、リートは市場規模や取引量が小さく、投資環境によっては機動的な売買が行えないことがあります。

収益分配金に関する留意事項



お申込メモ

投信会社 国際投信投資顧問
商品分類 追加型投信/内外/不動産投信
信託期限 無期限
お申込単位 一般型…1万口以上1万口単位です。
累投型…500円以上1円単位です。
お申込価額 お申込日の翌営業日の基準価額
お申込手数料 なし(ノーロード)
決算日 毎月決算型:毎月10日。(休業日のときは翌営業日)
1年決算型:毎年6月10日(休業日のときは翌営業日)
信託報酬 純資産総額に対して年率1.674%(税抜1.55%)です。
信託財産留保額 なし


口座開設・資料請求のお申込みはこちら(無料)
口座番号・パスワードが分からない方は下記へご連絡ください お客様サポートセンター フリーコール0120-390-390 携帯PHS03-6688-8888(有料) 受付時間:平日午前8時から午後5時(年末年始を除く)